シャネル カメリア オニキスリング


先日、LINE査定にてお問い合わせ頂いた女性のお客様より「CHANEL シャネル カメリア オニキスリング K18」をお買取させていただきました!
数ある買取店より当店にお越し頂き、嬉しい限りです♪
また今はもう着けないとの事で、プラチナの指輪も一緒にお持込頂けました♪
1点以上のお持込&ご成立は、当店としてもお客様への査定額UPに繋げられるチャンス!
買い取り額精一杯まで頑張らせて頂きました。
一人でお越しの女性の方、お子様連れの方も多数当店を利用していただいております。
お客様が少しでも気軽に入れるお店作りを目指し、今後も「来てよかった」と仰っていただけるよう、温かいお店作りに励んでいきたいとおもいます。

では、今回お買取させていただきました「CHANEL シャネル カメリア オニキスリング K18」を少し紹介したいとおもいます。

見るからにゴージャスで存在感抜群の、CHANEL シャネル カメリア リングは玉髄(カルセドニー)でカメリア部分があしらわれており、今回はブラックオニキスXイエロー(K18)のカラーをお買取させていただきました。
リング部はまるで、包み込む蔦のようにフィット感のあるなめらかな美しい曲線にて仕上げられており、見えない部分にも女性のエレガントさが表現されております。

ここで、意外にも日本と関係の深いカメリア!!
カメリアの日本名「椿」は、日本より18世紀に園芸用の植物としてヨーロッパに持ち込まれ、上流階級や教養人の間で流行するようになりました。
椿は、冬の寒風の中でもけなげに咲きますが、花そのものに香りがなく、とてもつつましやかな花。
19世紀に小説「椿姫」がオペラ化されると、椿の人気はすっかりヨーロッパに定着。
ココ・シャネルのよき理解者、アーサー・カペルが彼女に椿を贈ったのも、その流行の影響だと考えられています。

ココ・シャネルが特別としていたカメリア=椿の存在は、大切な人から贈られた花でもあり、寒い中でも強く生き抜く生命力に溢れた力強さを持ちつつも、エレガントさや慎ましやかな気持ちを大切にする自身の女性らしさを表現したアイコン的な存在でもあったのです。

ジュエリーのみならず、バッグ・服・帽子・靴に至るまで愛用されているカメリアモチーフ。
当店では、シャネル製品を特に強化買取しております。
愛知県東海地区で CHANEL シャネル製品を売りたいとお考えの方必見。
シャネル ジュエリーのお買取は知識豊富な「ギャラリーレア 名古屋大須店」にお任せくださいませ!