原点と最新技術の時計!ロレックス エクスプローラーII


今回は【ロレックス/ROLEX エクスプローラーⅡ Ref.216570】をご紹介させて頂きます。

『エクスプローラーⅡ』誕生40周年を期に登場した『エクスプローラー 216570』は、初代エクスプローラーⅡのデザインを踏襲し、オレンジ色の24時間針が復活、懐かしさはもちろんながらもそのデザインに少なからずインパクトを感じた方も多くいらっしゃるかと思います。
またケースサイズは先代の『エクスプローラーⅡ 16570』と比べ40mmから42mmと大きくなったことで、時分針・24時間針・インデックスもそれぞれ大きくなり、視認性があがりました。

『エクスプローラーⅡ 216570』の変化と進化は、外観のみには留まらず、ロレックスが独自に開発した2つの技術が活用されています。

1 ブルーパラクロム・ヒゲゼンマイ
耐磁性が高く、気温変化にも強い「ブルーパラクロム・ヒゲゼンマイ」は、高精度を維持できる上に衝撃を受けた際に起こる影響が少なく済み、従来のヒゲゼンマイと比べて、約10倍の耐衝撃性を誇ります。
ヒゲゼンマイは時計の精度において重要な役割をもつ部分であり、これほどの耐衝撃性をもつヒゲゼンマイが開発されたことはとても画期的な出来事といわれています。

2 パラフレックス・ショックアブソーバ
ムーブメントの心臓部と呼ばれる部品である「テンプ」を衝撃から守るための機構である「ショックアブソーマー」。
その中でもロレックスが開発した「パラフレックス・ショックアブソーマー」は、特に落下した時の衝撃への耐性が高く、従来のものと比べると飛躍的に耐震性が向上したといわれています。

このような技術により、利便性・実用性がさらに向上しています。

また24時間針の復活とともに初代エクスプローラーⅡのオマージュといわれている『ファントム効果』も特徴の1つといえます。
ファントム効果とは黒文字盤のみの特徴となり、時分針と24時間針の根元を黒く着色することによって暗いところで時計を見たとき、夜光部分が浮かび上がって見えることをさします。

『エクスプローラーⅡ』の原点を意識しながらも、最新の技術も盛り込まれた『エクスプローラーⅡ 216570』。
定番なものはほしいけどちょっと個性があるものがいい!という方にオススメな時計といえます。

当店では、ロレックス/ROLEXの買取強化を行っております。
大切な時計、もし手放すなら気持ちよく手放したいですよね?
当店では知識のあるバイヤーが大事なお品物をその場でしっかり査定させて頂きます!
「いくらぐらいで売れるの??」「他の店でも見てもらったんだけど、どうなんだろ?」などなど…。
お客様の「どうして??」にもしっかりお答えさせて頂きますので、名古屋でロレックス/ROLEXなどの時計やブランド品を売られる際はぜひギャラリーレア名古屋大須店にご相談ください!